スポンサーリンク

【30代女子の一人旅】航空券の賢い買い方〜検索サイトを利用する〜

30代女子の一人旅

来月、タイへ一人旅することになりました。一人旅を計画するうえで、思ったこと、学んだことをご紹介します。

スポンサーリンク
suisuinoteのレクタングル広告(大)
suisuinoteのレクタングル広告(大)

一人旅をするきっかけ

随分前から、いつか海外の一人旅に出たいと思っていました。しかし英語ができない私は実行に移せないまま、30代も後半に差し掛かっていました。

そんな時、前職の方から、来月タイに旅行へ行く話を聞いたのです。後日話をじっくり聞いてみると、一年前から計画していたというではありませんか!

それを聞いてますます私もタイへ行きたい気持ちが強まり、格安航空券が取れたら私も後から追いかけます!という返事をしたのでした。

という訳で、今回の旅は完全な一人旅ではありません。現地で3日間ほど一緒に旅するスタイルで、一人旅初心者の私にはちょうどよいバランスになりました。

タイへの渡航歴は2回

実はタイへの渡航歴は2回あります。大学1年にアジア研修でチェンマイ、メーサイ、バンコクへ、そして4年の時にプーケットとバンコク、アユタヤを旅しました。

初めてバンコクへ行ったときは、まだ街中をゾウが歩いていました。車が行き交う道にゾウも歩く、バンコクが急速に発展していったことがわかる印象的な光景でした。

あれから16年、バンコクの様変わりを肌で実感したいと思います。

格安航空券の取り方

今回は7日間、バンコクとパタヤに滞在の予定です。
タイ旅行の話が出たのは10月上旬、それから10日ほど航空券のチェックが始まりました。

私の予算はホテルと航空券で5万円。つまり航空券を安く手に入れられるかで、滞在時のホテルの質が決まります。

出発一カ月を切ると航空券は高くなります

航空券は直行便がベストでした。LCCで関空から発着しているのは、スクートとエアアジア。最初スクートを狙っていたのですが、全然安くなく、片道2~3万円。

スクートは諦め、エアアジアをチェックしてみると、プロモーション価格で12,900円からありました。しかし往路は安くても、復路が2万円からなのです。セールだと往復2万円で買えるようなのですが、今回は諦めるしかなさそうです。やはり旅は前もって計画的に考えたほうが安くなりますね。

最終的に、私はエアアジアでチケットを取りました。

エアアジア航空券
航空券の内訳
往復31,876円、約10日間検索サイトや航空会社をチェックしたところ、出発を一カ月を切った航空券が徐々に割高になる傾向が出ました。よって、これより値が下がることはないだろうと感じたので購入しました。

航空券は直接購入よりも検索サイト経由がお得です

ではどういう方法でエアアジアのチケットを取ったのか。私はエアアジアのウェブサイトではなく、検索サイト「トラベルコ」経由でチケットを取りました。理由は直接エアアジアで購入するよりも航空券が安かったのと、手配手数料が無料だったからです。

という訳で、エアアジアで直接購入するよりも15,000円ほど安く購入することができました。時間に余裕があれば、同じチケットでも検索サイトで比較して安く購入するのが一番賢い方法ではないでしょうか。

スポンサーリンク
suisuinoteのレクタングル広告(大)
suisuinoteのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする