スポンサーリンク

予算5万円でタイに7日間一人旅した話

30代女子の一人旅

随分前から海外一人旅に出たいと思っていました。しかし実行に移せないまま30代も後半に。

そんな時前職の先輩から、タイ旅行の話が持ち上がりました。話を聞いてみると、なんと一年前から計画していたというではありませんか!

それを聞いてますます私もタイへ行きたい気持ちが強まり「格安航空券が取れたら後から追いかけます!」という返事をしたのが10月上旬。それから10日ほど航空券のチェックが始まりました。

出発は11月中旬、今回は7日間バンコクとパタヤに滞在の予定です。

旅の予算はホテルと航空券で5万円。はたして予算内で行けるかチャレンジです!

スポンサーリンク
suisuinoteのレクタングル広告(大)
suisuinoteのレクタングル広告(大)

航空券はエアアジアの直行便

航空券は直行便がベストでした。LCCで関空から発着しているのは、スクートとエアアジア。最初スクートを狙っていたのですが、価格は片道2~3万円とやや高め。

スクートは諦め、エアアジアをチェックしてみると、プロモーション価格で12,900円からありました。しかし往路は安くても、復路が2万円からなのです。セールだと往復2万円で買えるようなのですが、今回は諦めるしかなさそうです。やはり旅は前もって計画的に考えたほうが安くなりますね。

最終的に、私はエアアジアでチケットを取りました。

エアアジア航空券
航空券の内訳

出発一カ月を切ると航空券の価格は上がる

往復31,876円。約10日間比較サイトや航空会社をチェックしたところ、出発を一カ月を切った航空券が徐々に割高になる傾向が出ました。よって、これより値が下がることはないだろうと感じたので購入。

LCC航空券は比較サイトがおすすめ

購入はエアアジアのウェブサイトではなく、比較サイト「トラベルコ」経由でチケットを取りました。理由は直接エアアジアで購入するよりも航空券が安かったのと、手配手数料が無料だったからです。

という訳で、エアアジアで直接購入するよりも15,000円ほど安く購入することができました。

バンコクはホステルを利用

予算5万円で航空券が32,000円となると、ホテル代は18,000円。6泊のうち1泊は機内泊なので、18,000円÷5泊=3,600円/泊という計算になります。滞在先はバンコク3泊、パタヤ2泊の予定なのでバンコクは物価が高いこともありホステルに泊まることにしました。

じゃらんのクーポンをフル活用

1泊目シーロムのホステルはagodaからの予約で1,632円。

初めての海外一人旅で、宿泊したホステルがとてもよかったのでご紹介したいと思います。女性でも安心!バンコク一人旅におすすめのゲストハウス。シーロムのホステル 「ザキューブホステル」です。

2泊目に選んだのはスクンビットのホステル。

女性でも安心!バンコク一人旅におすすめのゲストハウス。今回ご紹介するのは、地下鉄スクンビット駅とBTSアソーク駅から徒歩圏内のホステル。スクンビットのカプセルホテル 3Howw Hostel at Sukhumvit21です。

「じゃらん」500円クーポン利用後の支払金額は867円。

3ハウのドミトリー利用金

そしてパタヤから戻った最終日に再び宿泊。「じゃらん」500円クーポン利用後の支払金額は863円。

3ハウのカプセル料金

パタヤはホテルに滞在

そしてリゾート地のパタヤではホテルに宿泊。「じゃらん」1000円クーポンとポイント1300Pを利用後2泊2,708円。

パタヤのホテルでは、チェックイン時に無料でお部屋をアップグレードしていただけました。

ダイヤモンドシティプレース

ダイヤモンドシティプレース

まとめ 旅の感想

最終的に、宿泊費は5泊で6,070円となり今回37,946円でタイに行ってきました。おそらくLCCチケットを事前に手配しておけば30,000円でも行けそうな気がします。
2018年10月には関空でノックスクートの就航が決まっていますし、中部国際空港(セントレア)にはエアアジアが就航します。タイへ手軽に行けるのは嬉しいですね。

今回初めての一人旅でしたが、現地で知人と合流するスタイルが気に入りました。完全な一人旅だと時間を持て余しそうですが、7日中3日間を知人と行動を共にする、このバランスがちょうどよかったです。

スポンサーリンク
suisuinoteのレクタングル広告(大)
suisuinoteのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする