スポンサーリンク

腺様嚢胞癌の肺転移と治療法について

肺転移のイメージ画像

がんサバイバーのまりも(@suisui_marimo)です。

腺様嚢胞癌の治療から2年後、2015年12月に肺転移が見つかりました。私は腺様嚢胞癌が肺転移した場合、治療法はないと聞いていましたので、その言葉を鵜呑みにして治療について調べずに2年間過ごしていました。そんな時に肺転移という現実に直面したのです。

腺様嚢胞癌の特徴として、肺に多発転移することが多く、その場合は経過観察、つまり積極的に治療をしないケースが多いのです。しかし転移箇所がひとつだけの場合は、いくつかの治療法がありました。今回は肺転移が1カ所である初期段階の治療法についてお話したいと思います。

スポンサーリンク
suisuinoteのレクタングル広告(大)
suisuinoteのレクタングル広告(大)

腺様嚢胞癌の肺転移について

腺様嚢胞癌は再発、遠隔転移の頻度が他の癌と比べても高いと言われております。一般的な癌の場合、5年で再発や転移がなければ、寛解といわれてます。

しかし腺様嚢胞癌は、5年間再発や転移がなくとも、10年後に再発や転移が見つかることがあるため、長期間経過を見る必要があります。遠隔転移するのは、主に肺や骨に転移しやすいと言われてます。転移の流れとしては肺→骨の順に転移するパターンが多いようですが、先に骨に転移する場合もあります。

遠隔転移の検査方法

腺様嚢胞癌が肺に転移した場合、自覚症状はほとんどありません。よって定期的に胸部CTでチェックするのが必須となります。但し医療機関によっては、PET-CTで全身を検査するところもあるようです。

私の場合、最初の治療から4ヶ月後の2014年3月に胸部CT検査を受けました。その後2015年2月にレントゲン検査、同年12月にCT検査にて肺に一つの白い影(約5mm)が確認されています。

肺転移の診断方法

CT検査で肺転移の疑いがある場合、白い影が転移性肺がんなのか、肺が原発の新たながんなのか、ただの炎症なのかを確認する必要があります。

良性なのか悪性なのかは病歴、過去の画像のレビュー、画像の特徴で鑑別することは可能ですが、原発性と転移性を鑑別することは難しいようです。腺様嚢胞癌については、がんの性質から転移性と考えられ経過観察をおこなうのが一般的とされています。

私の場合、肺転移の疑いが出た6週間後に再度CT検査を実施。大きさ、数の変化もないことから手術を勧められました。

しかし当時の私は、多くの仲間が肺に多発転移している状況をみて、自分もいずれ多発転移するのだから、切除してもまた転移が見つかり、いたちごっこになる、と悲観的な考えで、手術することを受け入れることができませんでした。

肺転移の治療方法について

胸腔鏡手術(外科的切除)

手術の一番のメリットは、画像診断では原発性、転移性なのかわからなかった腫瘍を切除して、組織診断ができること。組織診断によって今後の治療方針も明確になります。
胸腔鏡手術で部分切除をおこなった場合、入院期間は10日間。手術の2日前に入院、術後1週間で退院となります。

デメリットは手術跡が残ることと、肋間神経痛との付き合いが始まります。

陽子線治療(10〜20回)

陽子線治療のメリットは、切らずに治療ができ、痛みもないこと。そして入院せずに通院で治療が完了することです。

デメリットとして、陽子線治療は腫瘍を焼き切ってしまうので、転移性のがんか新たな肺がんなのかがわからないこと。そして治療費が高額であり、陽子線治療を実施している医療機関が少ないことが挙げられます。

ラジオ波焼灼術

ラジオ波治療は、皮膚を2~3ミリ切り径1.5ミリの電極を病変に挿入し、がんを100度に熱して死滅させる治療です。

ラジオ波治療のメリットは手術より体の負担が少ないこと。治療はCT透視をもちいて、局所麻酔でリアルタイムに動画を見ながら、細い針を刺しておこなわれます。入院期間は合併症がなければ2〜5日間。

但し、気胸(胸膜から空気が漏れて肺が縮むこと)など合併症が起こる恐れがあるのでリスクは大。陽子線治療と同様に、腫瘍を焼き切るので、腫瘍が何なのか診断ができない。

また、心臓に近い部分に転移している場合は不適応。治療の適応、不適応は経験と実績によって判断されるので、治療件数の多い病院を受診することが一番大切です。

最後に、ラジオ波治療は痛みが強い治療と聞いています(涙)

治療のタイミング、時期について

腺様嚢胞癌は成長が遅いがんであるため、治療のタイミングも検討しなければいけません。
同じがんで多発転移の方が、あるクリニックへセカンドオピニオンへ行かれました。そこで説明を受けられた内容がしっくりきたのでご紹介します。

「抗がん剤は一度使用してしまうと効きにくくなるので、治療を後にずらせれば、ずらせれるほどよいので今は治療しない方がよい。症状が出てきた時に効かないのが一番困る。しかし体力がなさ過ぎても治療は出来ないので、上手くタイミングを見ないといけない。」

自分自身が主治医になる

腺様嚢胞癌患者の場合、複数の病院に罹られている方が多いと思います。地元の病院、治療をした病院、そして複数の医師に診てもらい、今後の治療について話し合いがおこなわれます。複数の医師に診てもらうことは、さまざまな意見をいただくことができ、メリットが多いのですが悩むことも度々あります。

私の場合、度重なる医師の説得を受けて、ようやく手術をする気持ちになったのですが、手術を受けるタイミングは自分のものさしで決めました。
自分の病気について、誰よりも一番多くの知識を持っているのは自分です。主治医からの意見だけでなく、同じ病気と闘っている仲間が発信しているブログで、他の医師の意見も聞き、最後は自分で決めるのです。

私が当時参考にさせてもらったのは、山陰地方にお住まいの重粒子線治療をされた方のブログです。ブログから推測するに、私の一歩前を歩いておられる状況で、肺に転移し今後の治療を探るべく大学病院に向かわれました。その病院で「手術で取り除くにしても小さすぎる」と言われたそうです。

10mm以下の転移巣が7個存在していても経過観察。10mm程度まで成長したら、再受診して処置の相談をされるとのことでした。

この大学病院の医師の考えと、当時の私の考えが一致したことで「手術をするのは10mmまで成長した時」と決めました。そして肺転移発覚から9ヶ月後の2016年9月、大きさが7mm(呼吸器外科医の測定は最大10mm)転移は一ヶ所のままでしたので胸腔鏡手術を受けることにしました。

スポンサーリンク
suisuinoteのレクタングル広告(大)
suisuinoteのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする