スポンサーリンク

地方銀行インターネット支店の普通預金口座の解約手続きの方法

北都銀行口座解約の仕方

先日、利用していない銀行口座の解約手続きをおこないました。解約の電話から手続きが完了するまで約一週間。その流れをご紹介します。

スポンサーリンク
suisuinoteのレクタングル広告(大)
suisuinoteのレクタングル広告(大)

北都銀行あきたびじん支店

今回解約するのは、北都銀行あきたびじん支店。簡単に説明すると地方銀行のインターネット支店です。
ゼロ金利政策が始まる前、定期預金の金利がわずかですが、よい時期があり利用していました。しかしゼロ金利政策と同時に金利は低下。
満期になった預金は他の銀行へ移して早2年。このまま放置すると確実に休眠口座になるので思い立った時に解約することにしたのです。

解約の書類を依頼する

まずはじめにおこなうことは、銀行に普通預金口座の解約をしたい旨を電話で伝えます。すると2〜3日で解約手続きの書類が送られてきます。

北都銀行口座解約時の書類

しかし書類が届くまでに、やっておかなければいけない作業があります。それは普通預金口座を0円にすること。

普通預金の残高を0円にする

今回解約するにあたり銀行に連絡したところ、普通預金口座に6円が残っていることが判明しました。インターネット支店の場合、通帳がないのでログインしないと残高はわかりません。

私の記憶では一年前に全てお金を引き出したと思いきや、そうでなかったのです。この6円を引き出さないと解約手続きが進みません。
残高ゼロにするための下準備として、まずは振込手数料が無料の銀行口座から994円を振り込みます。残高1,000円にしたところでATMから預金を引き出し、残高0円になりました。

キャッシュカードをハサミでカット

次におこなうのはキャッシュカードをハサミでカット。

北都銀行口座解約の仕方

カットしたキャッシュカードと解約手続き書類、本人確認書類を指定の封筒に入れて投函。これで手続きは完了です。

北都銀行口座解約の仕方

銀行口座を解約した理由

パスワードの管理から解放されたい

今回解約手続きをした理由は、ログインIDやパスワードから少しでも解放されたいという思いが行動を起こさせました。

というのも先日、mixiのアカウントの乗っ取りに遭ったのです。

このブログをご覧いただいているマイミク(mixiで友達)の方にお詫びです。2時間前に私のmixiアカウントが乗っ取られ、スパムメールを一斉送信されていました。(ついでにつぶやきにもスパム広告が表示されてました→削除済み)mixiのログイン状況を見たところ、中国在住の友人以外は1日以内のログインがなかったので、被害はない...

そのことがきっかけで、インターネット上の不要なアカウントを整理しようと思い、まずはネット銀行口座の解約からスタートしたのです。
今後は荘内銀行わたしの支店、それから最近までメインバンクだった新生銀行も解約しようかと検討中。需要があれば、また記事にしたいと思います。

追記:荘内銀行わたしの支店を解約しました

北都銀行の解約が完了した直後、荘内銀行わたしの支店の解約手続きを始めました。
北都銀行の流れと同じく、電話にて解約手続きの書類を送ってもらいました。

荘内銀行わたしの支店解約手続きの書類

そしてキャッシュカードをハサミでカット。

荘内銀行わたしの支店解約方法とキャッシュカード

申請書類、本人確認書類、キャッシュカードを同封して、ポストに投函。手続き完了です。

荘内銀行わたしの支店解約方法

スポンサーリンク
suisuinoteのレクタングル広告(大)
suisuinoteのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする