スポンサーリンク

メタセコイア並木で有名な高島市マキノ町を自転車で散策してきました

dahonとメタセコイア並木

梅雨の晴れ間に、高島市マキノ町へサイクリングに行ってきました。マキノといえば海津大崎の桜とメタセコイア並木が有名ですが、それ以外にも見所が沢山ありましたので、写真多めでお届けしようと思います。

スポンサーリンク
suisuinoteのレクタングル広告(大)
suisuinoteのレクタングル広告(大)

愛車はDAHON boardwalk

まずは愛車の紹介です。2010年4月に購入したのが「DAHON boardwalk」
クロモリ(鉄製)で細身のフレームが気に入りました。フォールディングバイク(折りたたみ式)なので、車に乗せて旅先でサイクリングできるのが魅力のひとつ。それから輪行もしやすいので大活躍です。今回はホンダのフリードプラスに折りたたまずに乗せてもらいました。

自転車(DAHONとGIANT)をフリードプラスに載せる

スタートは道の駅「マキノ追坂峠」

今回は道の駅「マキノ追坂峠」に車を停めてスタート。距離は約18キロ。約2時間のポタリングです。

サイクリングルート

北国街道 海津の街並みを通ってメタセコイア並木道へ

道の駅を出発すると長い下り坂。その先は北国街道に入り、昔ながらの街並みを眺めながら散策。

ヅシとハシイタ

この辺りでは、街道沿いの民家と民家に間にある細い小路をヅシと呼ぶそうです。人々はここを通って琵琶湖の水を毎日の生活に利用してきました。
そのヅシの先にはハシイタと呼ばれる桟橋があり、昔は家ごとに架けられ、洗濯をしたり野菜を洗ったり、水を汲んできたしたそうです。

こちらがハシイタ

琵琶湖と橋板

その隣には民家へと通じる階段が

海津の民家と橋板

淡海の巨木 吉田ケヤキ

ヅシを通って琵琶湖に出ると海津大崎の景色が一望

初夏の海津大崎

そして琵琶湖の水がきれい

琵琶湖の水

その先に案内板があったので、いってみると大きなケヤキの巨木が!!

吉田ケヤキ

淡海の巨木 吉田ケヤキ

まだ出発して2キロ程度しか走ってないのですが、見所がありすぎて嬉しくなります!

湖のテラス

北国街道に戻り自転車を走らせると、大きなモニュメントを発見!

湖のテラス

「湖のテラス」という名称のようです。

琵琶湖をバックに撮影すると、竹生島が見えました。

湖のテラスと竹生島

マキノ駅と観光案内所

マキノ駅と観光案内所

湖のテラスで右折し、並木道を通るとJRマキノ駅に到着。駅に入ってみると観光案内所がありました。そこでにマキノの歴史、見どころ、オススメカフェを教えてもらい、ルートを変更しながら先へ進みます。

参考〜海津・西浜・知内の水辺景観〜

知内川にかかる橋

マキノで一番大きな川、知内川までやってきました。すると琵琶湖側に立派な橋を発見!マキノって財政が豊かなんですね。

知内川にかかる橋

知内川のモニュメント橋

観光案内所で知内川について教えてもらったので、ここから川沿いに向かって走ります。
長い緩やかな登り坂を越えると、ついに見えました!メタセコイア並木道。

メタセコイア並木道

今まで何度か通っているのですが、自転車でやってくるのは初めてです。平日にもかかわらず、私たち以外にも自転車乗りがいらっしゃいました。

メタセコイア並木道

dahonとメタセコイア並木

メタセコイア並木

メタセコイア並木道が終わると、あとはゴールの道の駅を目指すのみ。並木道から続くゆるい坂道をゆっくりと進み、13時に道の駅に到着。
自転車を車に積み込んだあとは、観光案内所で教えてもらったカフェでランチをすることに。

次回につづく。
関連マキノにある琵琶湖が一望できるカフェ 海津

スポンサーリンク
suisuinoteのレクタングル広告(大)
suisuinoteのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする