スポンサーリンク

青春18きっぷと代行バスで下灘駅へ

下灘駅

昔、駅で見たポスターが忘れられない。
そんな経験はありませんか?私は学生時代に見た青春18きっぷのポスターが忘れられなくて、30代最後の夏に愛媛県にある下灘駅を目指し、一人旅をしてきました。

スポンサーリンク
suisuinoteのレクタングル広告(大)
suisuinoteのレクタングル広告(大)

下灘駅と青春18きっぷ

下灘駅は、愛媛県伊予市にあるJR予讃線の無人駅。かつて青春18きっぷのポスターに3度使われています。

私にとって忘れられないポスターというのが2000年冬のポスター。

2000年冬「前略、僕は日本のどこかにいます。」

2000年冬 青春18きっぷのポスター 下灘駅

同じアングルで撮りたかったのですが、どうしても駅舎が入ってしまい断念。。。
代わりに「しもなだ」とひらがなで書かれた看板をメインに撮影。

下灘駅

他に1998年と1999年の冬のポスターの撮影場所として使われています。

1998年冬「駅に着いた列車から、高校生の私が降りてきた。」

青春18きっぷのポスター 下灘駅

下灘駅

1999年冬「思わず降りてしまう、という経験をしたことがありますか。」

青春18きっぷのポスター下灘駅
下灘駅

2018年夏、西日本豪雨後の下灘駅へ

JR予讃線伊予市ー伊予大洲は不通

下灘駅を訪れたのは2018年8月1日。この日下灘駅で電車を見ることはありませんでした。2018年7月の西日本豪雨の影響で7月20日から8月10日まで運転見合わせが続いていたのです。

西日本豪雨による運転見合わせ区間

代わりにバスでの代行輸送が予讃線海回りで運行されていました。その本数は一日5本。代行バスがあるだけでもありがたいと思うことにしてバスで下灘駅を目指すことにしました。

松山ー伊予市

JR松山駅から9:45発の伊予市行きに乗車

予讃線

車内には関西では見慣れないカーテンがありました。

予讃線の車内にカーテン

伊予市からは代行バスに乗車

予讃線の代行バス

初めての代行バス。運転手さん乗務員さんの計3名で運行されています。全て女性スタッフで、手書きの原稿を見ながらアナウンスされているのが印象的でした。そして駅ごとに乗車人数と下車人数をチェック。

約30分バスに揺られて、到着したのは下灘駅付近。大型バスが通行できる大道で下車後、歩くこと15分。ようやく下灘駅に到着です。

下灘駅 駅舎

帰りのバスは2時間後

予讃線代行バス時刻表

代行バスは一日5本の運行です。次のバスは2時間後の13:04。それまで下灘駅とその周辺を散策します。

平日の昼間ですが、夏休み中ということもあり、多くの人が下灘駅を訪れていました。

人が途切れることのないホームのベンチ

下灘駅のホーム

下灘駅のホーム

下灘駅構内

土日祝営業の下灘珈琲

2017年4月にオープンした下灘珈琲。営業日は土日祝なので、本日は閉店しています。

下灘珈琲

海に沈む線路

下灘駅から歩いて15分のところに、インスタで有名になった場所があります。せっかくなので探しに行って見ることに。

海に沈む線路 下灘駅

どうやら近くまで行けるようなのですが、波消しブロックを越えなければいけないので少し危険です。

海に沈む線路 下灘駅

場所は青石海岸付近

場所はGoogleマップが示す青石海岸を目指すと見つかります。

周辺にコンビニや商店はありません。下灘珈琲の隣に自動販売機があるのみ。長時間過ごす場合は、事前に飲み物と食料を確保してから行くことをおすすめします。

スポンサーリンク
suisuinoteのレクタングル広告(大)
suisuinoteのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする