スポンサーリンク

【草津温泉】素泊まりの宿はなみづきで自炊体験

湯畑源泉の宿はなみづき

草津温泉で自炊ができる宿に泊まりました。いつかは長期で湯治をしたいと思っているので、湯治の宿を探してみましたが3泊以上からの受け入れが条件で願いかなわず。しかし1泊から予約可能で、自炊ができる宿を見つけましたので自炊体験をしてみました。

スポンサーリンク
suisuinoteのレクタングル広告(大)
suisuinoteのレクタングル広告(大)

宿までのアクセス

場所は草津温泉バスターミナルから徒歩2分のところにある「素泊まりの宿 はなみづき」。バスターミナルの交差点から湯畑方面へ20m歩くと、右に曲がり細い道を歩いていくとはなみづきの案内石があります。

素泊まりの宿はなみづき

じゃらんで予約

建物は民家を改装した造りの民宿です。一階に自炊可能のキッチンとお風呂があり、二階は客室が3部屋ありました。

私たちは14時半にチェックイン。先に宿泊費を支払うシステムです。宿泊費7000円の他に、入湯税100円×2人分、暖房費400円、合計7600円。じゃらんのポイント500Pを引いた金額は7100円。一人3550円になりました。

暖房費を一人当たりではなく一室で提示しているところが良心的ですね。

お部屋は6畳の和室に、テレビ、冷蔵庫、こたつ、ファンヒーターが設置。

素泊まりの宿はなみづき

何十年とこたつのない生活をしている私にとって、こたつは魅力的で、全室こたつ付きに惹かれて宿を決めました。

この日は3月にしては暖かい日で、こたつに入った途端、知らぬ間にウトウト〜(眠)

スーパーもくべえ

その後千代の湯で時間湯体験をしたあとは、近所のスーパーもくべえで夜ご飯の買い出し。宿からもくべえまでは徒歩5分です。

スーパーもくべえ

ここで購入したのは

  • 串こんにゃく(味噌付き)
  • 鶏天ぷら
  • アメリカンドッグ
  • 雪見だいふく
  • カフェオレ

友人は

  • ホタルイカ
  • わさび菜の和え物
  • 魚の天ぷら
  • ヨーグルト
  • ノンアルコールビール

私は前回万座温泉に訪れた際にいただいた、さしみこんにゃくがきっかけで群馬に来ると必ずこんにゃくが食べたくなります。今回も晩御飯と翌日のお昼にこんにゃくをいただきました。

串こんにゃく

炊事場

宿に帰るとキッチンを借りて、夕食の準備。

素泊まりの宿はなみづき

準備と言っても、買ってきた串こんにゃくを湯せんで温めて、お皿を借りて盛り付ける程度。あとは出来合い品なので簡単です。キッチンには

  • ガスコンロ
  • 電子レンジ
  • オーブントースター

そして鍋や食器も揃っているので何不自由なく生活することができます。私は翌朝持参したくま笹茶をやかんで沸かしました。

これまで素泊まりの際は外食で済ませていたので、部屋に持ち込んで食べるスタイルが新鮮で気に入りました。旅先のスーパーへ行くと、普段見かけない食品があり楽しいのです。

今回は刺身こんにゃくの安さにびっくり!

群馬の刺身こんにゃく
※スーパー大津草津店にて

いつも土産屋で購入していたので、これからはスーパーで買うことにします。

湯畑源泉かけ流しのお風呂

食事を済ませたあとはお風呂へ。

はなみづきのお風呂は、部屋ごとに貸し切りができます。チェックインの際、鍵と一緒に部屋の名前がついた札をもらうので、その札をお風呂のドアに掛けるというしくみ。

風呂場には洗い場が2つあり、一度に3〜4人入れるヒノキ風呂がありました。湯加減も熱すぎず、ちょうどいい湯加減。

素泊まりの宿はなみづき

洗面所にはドライヤーがあり、隣には洗濯機と乾燥機(有料)がありました。

素泊まりの宿はなみづき

自炊の宿に泊まった感想

今回自炊の宿に初めて泊まりましたが、旅の選択肢が広がりました。
草津温泉は町がコンパクトですし、スーパーが徒歩圏内に2軒あるので非常に便利です。いつか地蔵の湯で、長期滞在者向けの時間湯をしながら湯治療養したいと思います。

スポンサーリンク
suisuinoteのレクタングル広告(大)
suisuinoteのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする